アクト > ふるさと再発見 郷土歴史祭地記
ふるさと再発見 郷土歴史祭地記

◆小松市 安宅まつり

200909.jpg  安宅(あたか)住吉神社で「安宅まつり」が7、8、9日に開かれる。
同神社は1200年以上の歴史があり、北陸道を往来する人々が必ずもうでた古社で 古来、人生における道先案内の神、開運厄除、交通安全、縁結びのほか難関突破の霊神としても多くの信仰を受けている。

祭りは大漁と漁の無事を祈り、大神輿(みこし)、宮獅子が安宅の町を練り歩き、 七福神を乗せた北前船の面影を残す巨大な曳船(ひきふね)が練り歩きます。

 宵になると20歳前後未婚女性が総出で赤い着物に日本髪を結って踊る輪踊りが行われます。 この踊りは約300年前に同市内にある勝楽寺の境内で念仏踊りとして始まったものだといわれています。 また、花火も打ち上げられ祭りを盛り上げます。

【開催日】 毎年9月6日〜9月9日
【場所】  安宅住吉神社及び一円
【所在地】 石川県小松市安宅
【お問い合わせ先】 安宅住吉神社 電話0761-22-8896
| アクトトップへ戻る |

PR

バックナンバー

copyright© アクト All Rights Reserved.